■Instagram集客■■コラム■

行列のできる2坪のお店|Instagram集客

90%以上の通行者が通り過ぎてしまう小さなお店の成功術とは?
Instagramを活用して行列のできるお店にする方法。

立地は良くても・・・

有名な神社の側、観光客の人通りも多い路面店。
これだけで、集客は間違いなしと誰もが思うでしょう。

ところが、このお店の難点は・・・みんな通り過ぎていくということ。

なぜか?
入り口が小さすぎてわからないから。

通りに面している入り口が1枚扉しかなく、てくてく歩いていると、知らぬ間に通り過ぎてしまうほど間口の小さなお店なのです。

店内の席もカウンター6席ほど。
それでも、ごはん時でも、いつでも、ふらりと立ち寄れるとても美味しいお店でした。

行くたびに、店内から行き交う通りの人々を見ては、「立地は良くても、間口が狭いから、なかなか見つけてもらいにくいお店なんだろうな」と思っていました。

それが!!!
そのお店がオープンされて1年が経とうという先日に、偶然前を通りかかったら、オープン前に行列ができていたんです!!!

行列の理由

もともと、そのお店で食事をしていたお客様は、どちらかというと30代以上~(私も含め)でした。

ところが、並んでいるひとを見ていると、みんな若い。10代後半~20代の男女。
そして、みんなスマホを片手に「お目当てのものを食べよう」という様子。

ふと、店内のことを思い出すと、【Instagram】のPOPが浮かびました
ただ、よくある「フォローお願いします」みたいなものではなく、「気に入っていただけたら、ぜひInstagramにお店やお料理の投稿をお願いします」というようなPOP。

そう、お客様自身に投稿をしてもらって、どんどんファンを獲得していったかたち。
この《ファン獲得》こそ、Instagram集客ではお店に大きな利益を生みます。
ただ、ここに至るまでに心折れてしまう方も多く、地道にコツコツ積み重ねられるかどうかがカギとなります。

更新をやめていませんか?

Instagramの更新(他もそうですが)をやめてしまうともったいないんです・・・。
毎日は大変かもしれませんが、週に1回は頑張って更新してください。

動画を専門にコンサルティングしている方とも話をしていましたが、やっぱりコツコツ。あるポイントを通過するとそのあとは多少の幅があっても集客(閲覧)が安定しいきます。

だけどそれが難しい。
モチベーションを保って続けることが何よりも難しいと思います。

がんばって更新している内容をより効率的にビジネスに反映できるInstagramの集客システムがあります!

システムの特徴

  • Instagramの親会社Facebookが認めた「自動集客システム」
  • 誰でもではなく、ターゲット層をしぼって見込み客を集客できるシステム
  • 契約期間の決まりはなく、1ヶ月~可能
  • 月額24,980円
  • Instagramの仕組みも学べる!

「投稿を自分でするのがしんどい」という方には、投稿をサポートするメニューもあります。

トータルプロデュース

アシスト

Googleツール
集客講座

オンライン講座

準備中